一戸建ての修繕費は全体でいくらかかるの?

修繕計画を立ててマイホームを守る

修繕計画は見えない先の方を見据えて

誰もがマイホームを購入し、家族で楽しく過ごすことを夢見ますが現実は厳しいものです。
マイホームを手に入れたからといってそこで終わりではありません。
日々の出費に加えて住宅ローンが追加されるわけですから金銭的にかなり負担が増えてしまいます。

しかし、それだけであれば購入時にいつ支払い終わるかなどゴールが分かっているのでまだ不安は少ないと思います。
実際は日々進んでいく老朽化に怯えながら過ごす毎日。
何らかの欠陥が見つかってしまえば住宅ローンとは別で急な追加の費用が必要になってしまいます。
当然家の形態や広さ、環境、欠陥の具合によってその費用は大幅に変動しますが高額な出費となることに変わりはありません。

家を守る為の外壁や屋根、生活空間のフローリングやドア、ふすまなどの仕切り、水回りなど常日頃から気にかけておかなければいけない箇所は様々。
また、その箇所によってメンテナンスの周期は決まっています。
あらかじめそれを把握しておくことである程度の備えが可能になる為、要点となる部分だけでも覚えておきましょう。
特に箇所毎の1回あたりのおよその修繕費や、長い目で見て数十年後までに修繕費だけでどの程度の出費となるのかなどは必ず覚えておきたいですね。
扱い方一つで目安となっているメンテナンス周期を大幅に上回ることもあれば極端に下回ることもあるので費用を抑えるという点から考えれば自分の出来る範囲で日々メンテナンスを行うことも重要です。


ページの
先頭へ