修繕計画を立ててマイホームを守る

屋内の消耗が激しい箇所

生活の中心となる水回り

屋内の設備は屋外の外壁や屋根に比べると傷みにくいように思えますが実際は毎日使うようなキッチン、トイレ、お風呂などの水回りの劣化は早いです。
お風呂が一番分かり易い例ですが、水回りというのは水垢などの汚れや湿気によるダメージを受けやすいです。
ましてや水回りは毎日、そして何回も使うような場所ばかりですから劣化が早いのは当然とも言えます。

生活の要であるキッチンはそれ自体にグレードが存在しており、そのグレードによっておよそ50万円から100万円前後で値段が変動します。
仮にキッチンを修繕、取り替えとなってしまえばその値段に加えてキッチンの処分費と取り付け費用、配管や配線工事も必要となり追加で30万円程度は覚悟しなければなりません。

まとめてやるのがお得

ユニットバスもキッチン同様グレードがあり、本当に安いもので25万円、高いと100万円近くするものまであります。
取り替える際も必要なものはキッチンと同じであり金額もほぼ同額。
湿気などによって腐食が進んでいない場合は補修や再塗装で対応出来る為、10万円程度で済むこともあります。

トイレの修繕にも交換という選択肢がありますが便座の交換をするか、便器自体を交換するかに分かれます。
内装含めた便器そのものの交換にはおよそ50万円。
和式から洋式に変更となると更にプラスで費用がかかってしまいます。

これら水回りの設備に共通して言えることは耐用年数がほぼ等しく、どこかしらを修繕するのであればまとめてやってしまった方が良いということ。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ