修繕計画を立ててマイホームを守る

いつ起こるか分からない唐突な出費

一戸建てにも修繕積立金は必要

一戸建てのどこかしらを修繕するとなった時、他にも修繕しなければならない箇所が出てくるというのはよくある話です。
しかし元々一箇所しか修繕する予定が無かったのに二箇所、三箇所となってしまうと予算を大幅に超えてしまいますよね。
マンションなどでは共用部分の修繕費用として月々の支払いに修繕積立金というものがありますが、一戸建てであっても上記のようなケースが考えられる以上、この修繕積立金はとても大切です。

家が建って住み始めてから劣化、老朽化は見えなくとも着々と進んでいきます。
必ずいつかはどこかで修繕が必要になりますから常日頃から万が一に備えておいて損はありません。
では月々に一体いくらぐらい積み立てをしていけば良いのでしょうか。

積み立てておくべき金額

一般的に一戸建てであれば30年でかかる修繕費はおよそ400万円と言われています。

全てを一斉に修繕するというわけでもありませんので設備によって、また使い方によって回数に差はありますが普通に使う分には30年のうちどの設備も最低1回から多くて3回程度の修繕が必要です。
しかし代表的なものの修繕だけで400万円近くになってしまうので実際はその他もろもろ込みで400万円を大幅に上回ってしまうことになります。
だからと言って修繕積立金はあくまでも保険であり、これで全てを賄おうとは考えないことです。

30年で400万円なので1か月あたりに換算すると月々1万円弱積み立てる計算となります。
住宅ローンを筆頭に月々の支払いは他にもあると思いますがこれをしておくのとしないのではかなり差が出ます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ